自家歯牙移植|富山市の歯科医院 リードデンタルクリニック

富山県富山市婦中町砂子田81-292
富山市 歯科 リードデンタルクリニック

自家歯牙移植

自家歯牙移植とは?

自家歯牙移植「自分の歯をできるだけ残したい」

誰しもがそう思うでしょうが、残念ながら抜歯せざるを得ないこともあります。通常抜歯をした部位の治療法は、1.ブリッジ、2.入れ歯、3.インプラントが一般的です。

これらはすべて人工物です。自分の歯に勝るものはありません。

「もう一度自分の歯でかみたい」

そんな思いを実現できるのが自家歯牙移植なのです。

自家歯牙移植とは、簡単に言うと抜歯をした部位に、使っていない歯(主に親知らず)を移植し新たに自分の歯を用いて機能回復させる方法です。

奥歯が既に無くなっている方でも親知らずを移植することで咀嚼能率を格段にあげることが可能です。4本の奥歯が無い方でも4本の親知らずが残っていれば適応症になり得るかもしれません。

また、お子さんで先天的に歯の数が少ない場合なども自家歯牙移植と矯正治療により、正常な歯列を回復することが可能です!

また、事故や怪我などで歯が抜け落ちてしまった方でもすぐに来院していただければ抜けた歯を元の場所に戻す再植治療が可能ですので、抜け落ちてしまっても歯を捨てずに当院にご連絡ください。

歯牙移植ができる条件は?

移植が可能となるには以下の条件が整っていないとできません。

  • 親知らずなど、移植に適した健康な歯(移植歯)があること
  • 移植歯の根っこの形が複雑ではないこと
  • 移植する先に、移植歯を受け入れるだけのスペースや幅があること
  • 歯周病がない、もしくは歯周病があってもきちんとした治療を受け口腔内をきれいに保っていること

移植はそもそも移植できるような歯がないとできませんし、他人の歯ではなく自分の歯でないといけません。

制限はありますが、それでも自分の歯を活かせる唯一の方法です。他院で抜歯してインプラントやブリッジしかないと言われた方でも当院で歯牙移植という新たな選択肢ができるかもしれませんので是非一度ご相談ください。

歯牙移植のメリットとデメリットは?

メリット

  • 歯根膜という歯を支えている組織の一部も歯と一緒に移植でき、クッションになるので、元々の歯の感覚で咬む事ができる
  • インプラントに比べると安価で成長期の方にも行う事ができる
  • ブリッジのように周囲の歯を削る必要がない
  • 条件を満たせば、保険で治療ができる
  • 自分の歯を移植するのでアレルギーなどのリスクがない

デメリット

  • 治療できる条件が限られる
  • 外科手術が必要
  • 高齢者では、治療の成功率が低下する可能性がある
  • 親知らずのような移植できる歯がないとできない
  • 移植した歯が周りの組織とくっつくまで固定期間が必要(通常2週間から1ヶ月)

歯牙移植の症例

虫歯が進行してしまった歯を抜歯して親知らずを移植します。


一番右の歯が親知らずです。根っこが単根でシンプルな形の方が移植に向いています。


移植した歯を糸で固定します。


抜歯した部位に親知らずを移植した状態


1ヶ月ほどで傷口もきれいに治ります。



Copyright © 2016-2017 Lead Dental Clinic. All Rights Reserved.